読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕間

140文字で語りきれなかったあれこれ

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』

観劇

『スカーレット・ピンパーネル』

⚫︎11/6(日)12:30 17:30
梅田芸術劇場メインホール

 

チケットをご用意していただけたので2公演観てきました!
ソワレはピンパーネル団のトークショーもあって笑った〜。

 

過去に宝塚歌劇団星組安蘭けいさんが主人公のパーシーを演じた舞台。
わたしが高校生くらいの時だった気がする。
安蘭さんも素敵な女優さんになっていて時の流れを感じたな〜話の内容もさっぱり忘れていたし(笑)

 

1789年フランス革命から、王侯貴族を打倒した市民たちが罪なき人々の命を奪う恐怖政治が敷かれるヒステリの街パリとイギリスが舞台。
スカーレットピンパーネルはそんなギロチンの魔の手からフランスの人々を救う姿なきヒーローとして描かれている。

 

パリの舞台女優マルグリット・サン・ジュスト(安蘭けい)がイギリス貴族パーシー・ブレイクニー(石丸幹二)と結婚してイギリスに渡るところから話が始まるのだけど、マルグリットはフランスを出る際に昔の恋人で公安委員のショーブラン(石井一孝)に脅され、パーシーの友人で隠れ家に身を隠すフランス貴族の居場所を漏らしてしまう。そのことを知ったパーシーのマルグリットへの疑心。まだマルグリットを愛している程で彼女をスカーレットピンパーネル捕縛のスパイに利用するショーブラン。3人の愛憎劇も見応えがある。

 

スカピンの中で『ひとかけらの勇気』という曲がとても好き。恐怖政治で毎日のように無実の血が流れるフランスを憂い人々を救うことを決めるパーシーの想いが伝わる名曲。東宝版では『悲惨な世界のために』という名前に変わって歌詞もちょっと違うのかな?石丸さんの歌声からは憂いよりも悲しみと怒り、人々を救う為の誓いの曲のようなイメージを受けた。石丸さんもとても歌が上手い方だから歌い上げる曲に強いな〜素敵だった!
安蘭けいさんも歌詞は違うのだけど劇中でこの曲歌われて嬉しかった〜。宝塚上演の際に付け足された曲だからまさに安蘭さんの為の曲って感じだったからね。
役は変わっても安蘭さんが歌うとピタッと嵌る。

 

今回、若手俳優のオタク界隈でも噂の渦中にあったピンパーネル団の若手起用!
矢崎広くんはマルグリットの弟・アルマン役で安蘭さんと『あなたは我が家』を歌ったりなかなか目立ってたな〜。歌い方が少し変わったのか良く響く深みのある歌声に好印象。
原卓也くんも、ダンスが得意な人だから冒頭のパリの劇場のシーンにも出ていてびっくりした〜彼ファーレイ役しかやらないと思っていたから!
個人的に『男のたしなみ』のシーンで着たトンチキな衣装は彼と石丸さんだけありえないくらい似合ってしまっていたなと(笑)
なんで似合うんだよ…似合ってしまったらトンチキに見えないだろ…(爆笑)と1人心の中で笑いを堪えたよ。
パーシーの副官デュハーストの上口耕平くんは良く通る声〜セリフも聞き取りやすいしこういう役者さん好きだなって思っていたら全然ソロで歌う曲がなくて歌声が聴けなかったのが残念。
まさか東宝の舞台でお会いすることになろうとは…ペダステ組の太田基裕くんと廣瀬智紀くん。
もっくんってこんな芝居ができる役者さんだったかな?ってちょっとびっくりしたよ。結婚式の後日パーシーをクリケットに誘いに来る場面の暗い空気をパーンと吹き飛ばすような雰囲気。もっくんと駒木根さんのふわっと明るいお芝居が凄く良かった。
えーまたもっくんのお芝居観に行きたいなーって純粋に思ったよ。
トークショーで相変わらずのゆるっとポンコツ振りを発揮して客席のおばさま方にも「おかしな子ね〜」と笑われて(笑わせて?)いるちゃんともさん〜〜〜〜舞台の上でもゆるっとふわっとしていてどこからがハルでどこからが廣瀬智紀という人なのか境目が曖昧だったぞ〜!ミュージカルははじめてだったんだね。顔もスタイルも良いちゃんともさん、お歌はどうなんだろう。ピンパーネル団ホントにソロが全然ないからその辺りちゃんと知ることができなくて残念。フラワーガール可愛かったよ〜〜(笑)
相葉っちさん…ごめんなさい…。
目が2つじゃ足りなくて2公演とも相葉っちさんを見ていなかったことに今気がつきました。
先に東京で観たヅカヲタ友達に「ピンパーネル団のみなさん全体的に声量がないから『炎のなかへ』のリプライズがちょっと弱かった〜」と不評だった。でもわたしは全然そんなこと思わなかったな。
フランスの公安がスカーレットピンパーネルを捕縛しようとフランス全土に配置される中、パーシーが八方ふさがりでここから先は自分1人で行動するから皆はイギリスに帰れと『ここから先は』を歌う。パーシー1人残して引き下がるようなことはできたいとばかりに『炎のなかへ』を口ずさむ仲間たち。良いシーンだったなぁ。この喜劇の中で一番泣けた。静寂と緊張と不安に包まれるシーンだから弱いと言われても仕方ないのか?

 

ラストまでテンポ良く進むから飽きない。
(薔薇園のシーンはちょっと長くて眠かったけどね)
ショーブラン率いる公安とピンパーネル団が戦う最後のシーンは安蘭さんファンへのサービスシーンって感じなのかな〜?石丸さん石井さんより安蘭さんが強そう(というかっょい…)。ファーレイからサーベル取り上げて、敵からもう一本奪って二刀流で戦うヒロイン(笑)
最後にピンパーネル団に捕まってスカーレットピンパーネルの身がわりにされるショーブランの扱いも喜劇らしくて良かったね。
ショーブランってボケるんだ…シリアスキャラの筈がちょいちょい面白いこと言うから堪らない(笑)

 

ショーブランと言えば『マダム・ギロチン』に『ハヤブサのように』などヅカヲタが好きなナンバーを沢山歌っているのもこの役。石井さんの低い歌声が足元から響いてくるから怖かった。ギロチンのシーンとにかく怖いのよ。
主演の3人もロベスピエール(wキャストでした!)も歌が上手いから歌い上げる曲が多いスカピンには本当に嬉しいキャスティングだった。耳が幸せ!

 

今年一番笑った舞台だと思う。
曲も好きだったしシリアスと笑いのバランスが良いから観ていて飽きない。再演はないかもしれないけれどもしあるなら若手俳優のオタクにも是非見て欲しい。推しがいるいないに関わらず。「わたしの推しにも出て欲しい〜」って思える素敵な舞台だよ。

 

ヅカヲタは来年、紅ゆずるさん率いる星組が再演してくれますね!星組の新トップコンビも上級生も歌に不安がある方が多いけれどコメディセンスのある組だからわたしは意外と楽しみにしてる。
礼真琴くんのショーブランが特に楽しみ!